東新商事の口コミや評判

公開日:2021/10/21  最終更新日:2021/11/01
東新商事の画像

注文住宅を購入する際、各ハウスメーカーの特徴を理解した上で、家づくりを依頼する施工業者を選んでいきます。デザインや内装設備、保証制度などはハウスメーカーによって異なります。そこで、今回はデザイン性の高い空間と、生活動線や収納を考慮した住み心地の良さを実現する家づくりを行っている東新商事の特徴について紹介していきます。

東新商事の注文住宅の特徴・強みって?

東新商事ではSUITEのコンセプトとして家づくりを行っています。SUITEには一流ホテルのスイートルームが訪れる人の心を満たすように、住む人の心を豊かに満たすラグジュアリーでデザイン性の高い空間づくりを実現するという意味が込められています。そして、デザイン性だけでなく生活動線や収納を考慮し、住み心地の良さを兼ね備えた住まいをローコストで提供。SUITEをコンセプトにした住宅を完成させるために、3つの柱を軸に、懇切丁寧に家づくりを行っているのが特徴です。

自由度が高く安全な設計

一級建築士と一緒に完全フルオーダーメイドで設計を行います。一般的なローコスト住宅では規格住宅がほとんどですが東新商事では、注文住宅の醍醐味である理想を形にする家づくりを大切にしています。つまり、東新商事では自由に自分流の間取りを設計することができます。

イメージを実現させる打ち合わせシステムと自社施工

大手メーカーの場合、施主、営業・設計士、工事部、下請け工務店、現場監督、各下請け職人のように多くの業者が関わって家づくりを行っています。その分マージンが多く発生し、住宅自体の単価も上昇します。一方、東新商事では自社施工にこだわりを持って家づくりを行っています。そのため、施主、営業・設計士・現場監督、各下請け職人でできるだけマージンを少なくした施工が可能です。また、詳細な部分は図面だけでなく、現場にて営業や監督が直接各職人に図面の意図を説明・指示しています。 さらに、下請け工務店も使わないため余分なマージンが発生しません。

ローコストを実現するベーシック&カスタマイズシステム

基本仕様は要望の多い内容を盛り込んだベーシック仕様になっています。そして、自分の個性や理想を追加・変更できるカスタムオーダーも多数用意しています。 ローコスト住宅とカスタムオーダーで希望の実現と無駄なコストを省いたシステムになっています。

ローコストで建てられる

東新商事の画像

東新住宅では、高品質な住宅をローコストで実現しています。

広告宣伝費がない

ローコストで住宅を完成させることができる最大の理由は宣伝広告費がかかってないという点です。大手メーカーは全国の住宅展示場などにモデルハウスを建築し、宣伝広告をしています。このモデルハウス、1箇所で年間億単位の維持費がかかります。さらに、テレビCMや折込チラシ、豪華なパンフレットなど、年間かけている多大な広告費用を、建築費でまかなっているため住宅に費用が高額になります。一方、東新住宅では広告宣伝費はほとんどかかっていません。そのためローコスト住宅として提供することができるのです。

自社直接施工

東新住宅では自社直接施工にこだわって家づくりを行っています。つまり、下請け工務店を使わない分、中間マージンなどが発生ぜずコストを抑えることができます。そして、自社直接施工は、価格面だけでなく住宅の細部やニュアンスを直接各職人に伝えることが出来るというメリットもあります。一方、大手メーカーでは地域の工務店を下請けに、現場監督、各職人と多くの人間が関わっていくため中間マージンが発生します。中間マージンが発生する分、住宅自体のコストが高額になります。

ベーシック&カスタマイズオーダーシステムの採用

東新住宅では基本仕様のベーシックプランでも高品質な住宅を実現しています。また、余計なオプションや仕様を追加していないという点が特徴です。しかし、全ての部位をカスタマイズできる仕組みになっています。つまり、本当に欲しいものだけにお金をかけることのできるシステムになっています。

東新商事の家づくりの流れ

東新商事の画像

住宅が完成するまでにはたくさんの工程があります。

ヒアリング

理想の住宅のデザインや床面積、予算等の規模等丁寧にヒアリングを行います。大まかなイメージでも問題ありません。住宅に関するプロの担当者が丁寧に要望を聞き取ってくれます。

資金計画

希望の間取りや床面積をもとに家づくりにかかる費用から住宅ローンや登記に関する費用など、全体の資金計画を作成します。

住宅ローンの借入可能額の確認

資金計画をもとに、担当者が銀行に住宅ローンの仮申し込みを行います。仮申し込みをすることで借入可能額を事前に確認します。

計画全体の確認

住宅に関する要望や予算を再度確認します。 そして、地鎮祭や上棟式を行うかなども決めておくとスムーズです。

契約・住宅ローンの申し込み

作成した仮のプランをもとに契約と住宅ローンの申し込みを行います。住宅ローンの申し込みも担当者サポートします。

打ち合わせ

住宅ローン審査が完了したら、詳細な打ち合わせを行います。住宅の間取りを実際に住むことを想定しながらプランニングします。

建築確認申請・地盤調査

プランが完成したら行政(第三者機関)に建築確認申請を行います。建築確認申請では、都市計画法と建築基準法に基づいた安全な建築物であることを確認します。また、建築許可の下りるまでの間に建物配置図をもとに地盤調査をします。

建物仕様の打ち合わせ

内装や壁紙、水回りの設備など建物の仕様の打ち合わせを行います。工事の進捗に合わせ、ショールームや現場にて打合せを行い、理想の住宅が完成するようサポートします。

工事開始

打ち合わせが完了したら工事がスタートします。最初は基礎工事からスタートし、上棟、上棟検査、木工事(建物内部の工事)、仕上げ工事、施主の確認を経て完成します。

引き渡し

完成した住宅の引き渡しが行われます。

まとめ

東新商事ではSUITEのコンセプトとして家づくりを行っています。そして、高いデザイン性やラグジュアリーな空間をローコストで実現しています。ローコスト住宅であっても高品質な住宅を実現するために、広告費の削減や自社直接施工などさまざまな企業努力を行っています。そして、より快適な住宅を提供するため、経験豊富なスタッフがさまざまな提案を行ってくれるのが特徴です。

おすすめ関連記事

SEARCH

CONFLICT

新着記事

マルビシは、1972年に設立された注文住宅を扱う業者です。得意とする工法は、ツーバイフォー(2×4工法)と呼ばれる木造建築です。マルビシでは住む方を笑顔にする家を作り続け、同時に実績も積み上
続きを読む
ホームスタイリングは、相模原に本社を置いている注文住宅業者です。藤沢市には湘南店を設置、シンプルでモダンな家やリゾート風の家など、さまざまな個性豊かな家を手掛けています。実績豊富な注文住宅業
続きを読む
注文住宅を検討する際にまず考えるのは、「どの注文住宅業者に依頼するのか?」です。広告やチラシ、そしてインターネットでもさまざまな注文住宅業者を見つけることができますが、迷ってしまい、なかなか
続きを読む
注文住宅を検討する際、さまざまなハウスメーカーや工務店を調べるのが一般的です。各ハウスメーカー、工務店には性能や設備、保証制度など、さまざまな特徴があります。特に住宅性能や保証制度については
続きを読む
注文住宅のメリットと言うと、持主自身がいろいろとカスタマイズできることが挙げられるでしょう。その代表格の一つとしてウッドデッキがあります。 注文住宅を建てる方の多くがウッドデッキを作っていま
続きを読む